• FROGS Corp

Ryukyufrogs12期生が決定!いよいよ研修スタートです。

みなさんこんにちは。

今回もブログを担当するぽんちゃんです!

さて。すでに公式SNSでは発表済みなのですが、

Ryukyufrogs12期生が決定いたしました!


Ryukyufrogs12期生

上段左から 毛利日皆(もうり かな) 名桜大学人間健康学部スポーツ健康学科 3年 甲斐琉太郎(かい りゅうたろう)沖縄尚学高等学校 2年 下段左から 神田風人(かんだ ふうと)八重山高等学校 2年 福原海里(ふくはら かいり)普天間高等学校 3年 島袋優(しまぶくろ ゆう)琉球大学 農学部亜熱帯地域農学科 2年

以上、5人が今期の選抜生です!

沖縄尚学、普天間からは初の選抜、名桜は1期生以来12年ぶりの選抜、

1人は石垣島からの選抜です。

新たな化学反応が起きることを楽しみにしています!

それでは早速最終選考会の様子を振り返ってみましょう。

宿泊型だった最終選考をオンライン化して実施

これまで、Ryukyufrogsの最終選考会は毎年宿泊型で実施していました。

というのも、じっくりじっくりその人の人となりを知るため。

Ryukyufrogsは協賛企業の皆さま、個人寄付してくださったRyukyufrogs Buddiesの皆さまに

支えられて運営をしています。

そして、選抜後にはたくさんの学びとチャンスがありますが、時には苦しいこともあります。

半年間じっくり自分と向き合い、社会課題と向き合い、サービスと向き合う、

それができる人かどうかを見極めます。


IMG_5105 (1)

ですが、今年は新型コロナの影響を受け、最終選考会もオンラインバージョンで実施。

事務局メンバーは、FROGS社の新オフィス、若葉こうさく室に集まって運営をしました。

説明会同様、何台もPCを並べてグループワークのヘルプにいつでも対応できるようにスタッフもスタンバイしていました。

今回、一次選考を合格して最終選考に参加したのは、中学2年生から大学3年生までの10人。


IMG_5126

さすがは説明会、一次選考と、Zoomを使ってのグループワークやディスカッションを経験してきたメンバー。

特に機材トラブルもなくスムーズにスタートしました。

前回、一次選考会のブログにも書いた通りオンラインだとグループワークの様子が結構わかりやすいんです。

もちろん、リアルで実施しないと伝わらない、わからない部分もありますが、オンラインでも見極めができるということを発見しました。

3つのチームに分かれてグループワーク

そして!

毎年恒例、自己紹介後にそれぞれが解決したい課題を発表、

投票でリーダーを決めて、リーダーがチームメンバーを指名していきます。

今回は3つのチームができました。

それぞれ、

  1. 教育格差

  2. 性教育

  3. 農業

をテーマに設定したようです。

課題の深堀りと課題解決のためのサービスをグループで考えていきます。


IMG_7558

事務局メンバーはグループのヘルプが出た時に、サポートで入ります。

でも基本的にはチームで話し合って進めていきます。

そもそも課題は何か?

メンバー同士課題の共通認識は取れているのか?

ペルソナってなんだ?

潜在ニーズって?

何度も何度も議論を繰り返して、

進んでは戻り、戻っては進んで。。。

フィールドワークに行けない分、電話やチャットツールを使ってインタビューをしているグループもありました。


IMG_5120

そしてあっという間に時は過ぎ。

気づけば夜の22時。

どのチームもメンタリングを受け、翌日の最終プレゼンに向けて準備。

「22時以降は就寝してください!」と、事務局はアナウンスするものの。。。

(中には2時、3時まで話し合っていたグループもいたそうです。)

迎えた朝、緊張の最終プレゼン


IMG_7578

そしてー。迎えた2日目の朝。

心なしか、前日よりも大人っぽくなったみんなの顔。

この後に控える最終選考の時が来るのを緊張している様子が伝わってきます。

ですが、その前に一緒に議論した仲間たちへお互いフィードバックの時間。

他人から自分がどう見られているのかを知ることで、より自己理解を深めることができます。

よかった点も改善点も、全て自分の姿です。

(大人になるとなかなかできないですが、とても大事なことです。)

フィードバックのあとはみんなでランチタイム!

さぁ、ランチタイムのあとはいよいよ最終プレゼンです!


IMG_5136
IMG_5131
IMG_5130

どのチームもGoogleスライドを使って、プレゼン資料を作成していました。

離れていてもオンラインで力を合わせて発表をしている姿、

その一生懸命さが伝わってきました。

ですが、ここは最終選考の場。

頑張ってきた姿を知っているからこそ、

「全員受からせてあげたい!」

という想いを抑え、選抜しなければいけません。

運営メンバーと、Ryukyufrogs Founderである比屋根さんと一緒に、

悩みに悩んだ末、選抜生を決定しました。


発表前

ひらりさんから選抜生の名前が読み上げられます。。。


発表の瞬間

発表の瞬間!

名前を呼ばれた人、呼ばれなかった人。

それぞれ思うことがあったでしょう。

ですが、選ばれなかったことにも意味があります。

その意味をどう捉えるかは自分次第です。

そしてチャレンジも何回でもできます。

残念ながら落ちてしまったみなさん、ぜひ来年も挑戦してください!


12期ベストショット

そして合格した5人の学生のみなさん、

これから約半年間、大変なことも楽しいこともありますが、

頑張っていきましょう!!

☆☆☆☆あなたもRyukyufrogs12期生を応援しませんか?☆☆☆☆

Ryukyufrogs生の成長を応援する、Ryukyufrogs Buddiesを募集しています。

月々1,000円からの寄付で、沖縄の若者の成長の場づくりをサポートできます。

詳しくは画像をクリック!


スクリーンショット 2019-09-18 16.35.13

#12期 #Ryukyufrogs