• FROGS Corp

シリコンバレー研修Vol.3

サンフランシスコからサンノゼに向かうバスに揺られながらブログを書いているRyukyufrogsアシスタント照屋です^ ^

シリコンバレー研修もいよいよ終盤に差し掛かっています。

あまりにも1日1日が密度濃い時間で、frogs生メンバーにも多少疲れが見え隠れするのですが、シリコンバレーに到着した当初よりも表情が明るく、全員がすごく積極的に質問したり発言するようになりました。

Day5

新しい車いすのカテゴリー 「パーソナルモビリティ」にのってきたのは、WHILLの代表である杉江さん。

DSC01970
DSC01980

ひとりひとり乗車体験もさせていただきました!!

さらに言うと、本来であれば外部からの企業訪問受け入れは基本NGである杉江さんですが、わざわざfrogsのために今回の訪問アポを受け入れてくださいました。

DSC02021
DSC02032

起業している方とかはほとんどの方がそうだと思いますが、1日中自分のサービスのことをひたすら考えているそうで、WHILLのこと以外には出来る限り時間を割きたくないということで、周辺の道を覚えることに記憶を使うことさえももったいないと、振り切っている感じがひしひし伝わりました。

杉江さんと貴重なショット!

DSC02037

その後は、Teslaのショールームを見学。

DSC02055
DSC02068

試乗してみましたw

DSC02107

お昼ごはんは、最近オープンしたばかりで人気の「Whole Foods」という、レパートリー豊富でオーガニック素材の野菜やお惣菜などを多く扱っているスーパーマーケットにて実食!

その後はFuji Film Open innovation Labにて河島さん、林さん、横井さんのセッション。

DSC02110
DSC02113

Fuji Filmの事業紹介があったあと、実際にテクノロジーを使ったプロダクトが展示がされている館内を案内していただきました。

もともと私のFuji Filmのイメージはインスタントカメラフィルムの印象が強かったのですが、現在は、カメラフィルムの事業よりもフィルムや写真の加工技術などに使われている独自の技術を駆使して、化粧品や再生医療など様々な分野で挑戦をしているときいて驚きました。

さらに、Fujifilmの名前入りのかわいいおやつまでいただきました〜♪♪

m

休憩した後は、各チームのサービスプレゼンとそのフィードバックをいただきました。

DSC02132

DSC02141

その後は再びスタンフォード大学にて、Bio Designの池野先生にセッションをしていただきました。

DSC02152

シリコンバレーとイノベーションについてレクチャー。

DSC02171
DSC02174

最後はスタンフォード大学で有名なクラークセンターの前でtheta360で写真撮影!

14087207_1043135025764795_2072864220_o

Day6

訪問先がサンフランシスコにあるため、カルトレインで移動。

DSC02212
DSC02227

ホテルのあるサンノゼに比べ、サンフランシスコはマイナス5度低くて、沖縄の冬並みの寒さでしたw

最近オフィスルームが移動したbtraxに訪問。

DSC02243
DSC02255

今回はbtrax CEOのBrandonさんと、frogs6期生で現在btraxでインターン中の仲田洋子さんのセッション。

私がこのセッションの中でとくに印象に残った言葉で

「あまり興味ないことや嫌なことを我慢してやり続けたら、それが慣れてしまい、自分が本当に興味があることがわからなくなる。」

という言葉がありました。

日本は、義務教育で広い分野をまんべんなく教育されるため、嫌いな科目も我慢し続けなければなりません。 自分が知らないうちに自分の欲求を抑える術を身につけ、しいては何が得意で何ができるか、ということを明確に言える人が少なくなるという話です。

DSC02265
DSC02279

最近引き受けているクライアントさんに紹介したという手描きでわかりやすくまとめられたプレゼン資料をみせてくれました。

DSC02286

その次は、昨年に引き続き「在サンフランシスコ日本国総領事館」の加藤領事を訪れました。

DSC02327

高層ビルからの眺めに感動しながら

DSC02330

贅沢な会議室でセッション開始。

DSC02349

日本とアメリカ、サンフランシスコのことを、根拠となるデータに基づき説明していただきました。

DSC02351

そしてホテルに帰った後は、BBQ〜♪♪

DSC02378

大木さん、山谷さん、EverSnapのメンバーの方々、2年前の交流会から毎年お世話になっているKaanさんがきてくれましたー!

DSC02380
DSC02385

英会話での交流もだいぶ慣れた様子です^ ^

DSC02395

この5日間で、Uberの運転手や現地の方々との会話を繰り返してだいぶ英会話をすることのに慣れてきたfrogs生たち。 そして常にサービスもブラッシュアップしながら、気持ちや行動も少しずつ変化が出てきているなと感じます。 残りわずかな滞在期間で、frogs生たちがどのぐらいの変化を見せてくれるか楽しみです!

次回もお楽しみに〜^^