仲田 洋子 Hiroko Nakada

飛び込んでから考えます

"I’ll think after I jump"

仲田 洋子Hiroko Nakada

昭和薬科大学付属高等学校2年生 / 2nd Year Student, Showa Pharmaceutical University Affiliated High School カッシーニ(株)代表取締役 / CEO, Cassinni Inc. Ryukyufrogsエバンジェリスト / Ryukyufrogs Evangelist

やらないと、“うずうず”する感覚

“If I don’t do it, then I can’t stop itching to try it”

すべてのきっかけは、私が中学2年生のときにプログラミングを始めたときでした。部活の遠征で知り合った子がプログラミングをやっていて、プログラミングってなんだろうって思い調べてみたんです。そしたら、プログラミングが学べる面白そうなプログラムを見つけ、自分もやってみたいなって思って。 でも、親からプログラミングなんてやる必要ないでしょって言われてしまいました。だから親を説得するために、なぜプログラミングをやりたいのか、プログラミングの必要性やプログラミングをすることへの価値などを手紙にまとめ、稟議書として親に提出したんです(笑)。一度決めたことは、やらないとうずうずする感覚があって。その後も何度かお願いをして、ついに親を説得することに成功しました。

そのプログラムに参加したことがきっかけで、他にもいろんなことに積極的に挑戦してみるようになり、某イベントに参加していた際に、Ryukyufrogsと出会ったんです。Ryukyufrogsは、私の見ている世界の規模感を変えたと同時に、人間的な成長を加速させてくれました。世の中にインパクトを与えている人々を身近に感じるようになり、決して遠い存在の人たちではない、と気がついたんです。当時は初の海外でしたが、世界と私との距離は縮まりました。また、たくさん悩まされたし、たくさん泣きました。

特に悩まされたのはLeap Day直前のことでした。最後のトリであるプレゼン発表を私が務めることになっていたのですが、本番の4日前にリハーサルで発表したところ、Ryukyufrogs Organizerの山崎さんに「これでは発表どころか出せない」と言われたんです。それがあまりにも悔しくて。泣きながら何度もやり直して、本番の2日前の夜に山崎さんの家で再びプレゼンをして大逆転を果たしました。

Everything began when I started to study programming as a 2nd year student in junior high school. A girl I met during a club excursion was learning programming, and I started to wonder what programming was, so I looked into it. It was then that I found an interesting program that taught programming and decided to try it. However, my parents thought that there was no reason for me to do programming. So in order to get them to understand, I compiled all of the reasons programming was important and what benefits there were to programming in a letter and gave it to them as a draft (haha). Once I decide to do something, if I don’t do it, then I can’t stop itching to try it. After that I asked them over and over again, and finally got them to agree.

Participating in that program led to me taking on other challenges more and more proactively and then, at a certain event I heard about Ryukyufrogs. Ryukyufrogs changed my outlook on the world, and at the same time helped me grow more quickly as a human. I felt a little bit closer to those who actually have an impact on the world, and I realized that at the least, they were an existence that wasn’t that far away from who I am. At the time, it was my first trip abroad, but the distance between me and the rest of the world seemed to grow a bit more narrow. Of course, throughout it, there were also lots of things that worried me and even made me cry.

One thing that especially worried me happened right before Leap Day. I ended up being the last presenter for Leap Day, and after doing a rehearsal 4 days in advanced, Mr. Yamazaki, the Ryukyufrogs Organizer, said to me, “This isn’t nearly good enough to be presented”. That was extremely frustrating. I then rewrote it multiple times while crying, and 2 days before the event I rehearesed it a second time, succeeding finally.

携帯電話を持って微笑む仲田さん

そして、高校1年生の頃に「カッシーニ株式会社」を起業しました。高校生起業家ということで、さまざまなメディアに多く取り上げていただき、注目を集めることができました。自分で実際にビジネスを始めてみると右も左もわかりませんでした。でも、たいしたこともしてないのに周りからは評価されることが多くて、自分のスキルを過信してしまっている気がしたんです。

そこで、実際のビジネスの現場と自分のスキルがどこまで通用するかを知るために、高校2年生の夏休み期間中の1ヶ月間を使って、サンフランシスコのデザインコンサルティング会社『btrax, inc』で、インターンシップをしました。

In my first year of high school, I founded Cassinni Inc. As a high school entrepreneur, I received lots of attention from the media and was able to gain some attention. Just having started, I had no idea how to run a business. At the time though, even though I hadn’t done anything that special, I got lots of positive reviews, and I started to overestimate my ability.

It was around then that I decided to see how far I could go with my skills in a real business setting and, during my second sumer of high school, I used one month to intern at a design consulting agency in San Francisco called Btrax.

相手が決めたことに従うのではなくて、自分に従う

“Don’t follow rules that someone else made, and instead follow your own”
学生と起業家を両立する仲田さん

仕事は社員と同じプロジェクトやミーティングに参加させていただきました。海外では誰も私を知っている人はいないので、いつでもどこでもどうやったら自分の価値を出せるか意識していました。その甲斐あってか、プロジェクトのクライアントさんが来た時に、自分が担当していたリサーチやレクチャーを高く評価していただき、肯定感を得ることができました。まだまだメンタルと体力が追いついてないし、自分が持っているスキルにも満足していませんが、これからも常に人と違うことをしていたいです。

改めてfrogsを振り返ると、優等生になろうとしている自分がいました。優等生じゃなくなるのが怖くて、大人が期待している子になろうと必死だったというか。でも、それって正直辛いし、本当の自分ではないんです。それを振り切ってからは、すごく気持ちが楽になりました。だから今は、周囲のことよりも、自分の意思を尊重するようにしています。Ryukyufrogsを目指すのであれば、frogsに選抜されることがゴールになったり、frogsの研修経験だけを求めるのではなく、選抜された経験をその後にどう活かすかが肝です!

おいしそうなドリンクを飲みながらRyukyufrogsについて語る

During the job, I was allowed to work on the same projects and attend the same meetings as the other employees. Abroad no one knows who I am, and at some point I started to be conscious of how I could add value regardless of when and where I was. The result of that was that when a project client came to visit, the research and lectures that I was in charge of received positive reviews and I started to feel some reassurance. I am still lacking in knowledge and ability, and I am not content with my skills as they are, so I want to continue to do things differently.

Coming back to the topic of frogs, at the time of the program I was trying to be an honor student. I was afraid that I might lose my place as an honor student, and I was trying very hard to live up to the child that my parents wanted me to be. However, that was very painful, and also not who I am. After freeing myself from that, I was really able to relax. And because of that, I hold my opinions in higher regard than the ones I hear around me. If you are looking to be a part of Ryukyufrogs, and being selected to be a part of frogs is your goal, think about what you can do with the experience you gained from being selected in the first place, rather than the experience you gain through the training.

他の先輩を見る

GRADUATES VOICE