DONATION

DONATION

寄付のお願い

現在の寄付者数と金額

26人 / 345,000円

26persons / 345,000yen

一人でも多くの若者が沖縄という「枠」に囚われた「井の中の蛙」から脱却し、
世界という大海で通用する次世代リーダーになる環境づくりを。
Ryukyufrogs Buddyになって、未来人材育成の活動をサポートしませんか?

Help make the environment for giving as many of the youth a chance to cast aside the image of a "frog in the well" of Okinawa and venture out into the world to become a next generation leader who knows the "great ocean."
Become a Ryukyufrogs Buddy and support the activity for educating future human resources.

Ryukyufrogsとは?

What is Ryukyufrogs ?

『Ryukyufrogs』は、10日間の米国シリコンバレー派遣を中心に、約半年間の高度な研修プログラムを実施する*ハイブリッドイノベーター型人財育成プログラムです。「沖縄の持続的かつ発展的な経済自立の実現のために、世界と沖縄をつなぐグローカル志向の若手イノベーター人財を発掘・育成する」という理念のもと、2008年からスタートし、過去10年で沖縄に住む中学生から大学生83名を送り出しています。

社会課題と向き合いながら、『◯◯ × テクノロジー』をテーマに、学生視点でビジネスを創造します。一人でも多くの若者が沖縄という「枠」にとらわれた「井の中の蛙」から脱却し、世界という「大海」で通用する未来人財として磨きをかけ「次世代リーダー」としての志とともに成長することを目指しています。

*理系文系の垣根を超えて「創造的思考力」と「論理的思考力」を併せ持ち、課題解決に対してクリエイティビティ×テクノロジーでアプローチできる人財。

The "Ryukyufrogs" is a hybrid innovator human resource development program* that conducts a half-year, advanced training with a 10-day training trip to Silicon Valley as its main event. It was started in 2008 under the concept of "excavating and training young glocal oriented innovators who will connect Okinawa with the world, to realize a sustainable and developing economic independence of Okinawa," and 83 students from junior high to university who live in Okinawa graduated from the program.

Businesses will be created from the student's perspectives with themes of "(social issue) x technology," while facing social issues. We aim to get as many youngsters who are "frogs in a well" to break out of the "frame" called Okinawa, hone them as future human resources that will be accepted in "the great ocean" called the world, and help them grow with the aspiration of a "next-generation leader."

*Human resources holding "creative thinking" and "logical thinking" abilities, who overcome barriers of science and humanities, that can make approaches using creativity x technology to solve problems. 

Ryukyufrogs オーガナイザー・山崎暁

なぜ寄付が必要なの?

Why are donations necessary?

Ryukyufrogsは、2007年に創設以来、チャンスを平等に提供したいという考えに基づき、沖縄在住の学生なら誰でも無料で参加できる仕組みを大事にしてきました。

そのため、主に民間企業の協賛金と、クラウドファンディング活用し、200名を超える個人の方々からもサポートいただきながら運営を継続してまいりました。ご支援いただき本当にありがとうございます。

Ryukyufrogsは、起業家育成プログラムではなく、アントレプレナーシップを身につけ文系理系双方の要素を兼ね備えたハイブリッド型イノベーター人財を育成・輩出することを目的としたプログラムです。

そのため、PBL(Project Based Learning)型で、「気づき重視の教えない育成スタイル」を貫いてまいりました。

様々な壁にぶち当たっても、できない理由で思考を停止せずに、常に「どうすればできるか」を考え抜く考動を習慣化することに注力しています。

例え失敗しそうな選択肢とわかっていても、本人の選択を尊重し、実行してもらう。そして失敗に気づき、また新たなチャレンジを繰り返していく。

少し遠回りな人財育成のように思われるかもしれません。しかし本人が選択しチャレンジするから失敗もあり学びもあるわけで、それこそ一過性で短期的な正解を求めるものではなく、長期的に人生を生き抜く力を身につけることができるのです。

一方で、年間の運営資金面はまだまだ数百万円単位で不足している状況です。

年間の研修運営費、募集や活動告知などに関わる広告宣伝費、開催するイベント経費、運営するスタッフの人件費など、物的協賛や関わる方々の善意で出費を極力節約しているものの、これ以上赤字が続くとプログラムの継続が厳しい状況になりかねません。

アントレプレナーシップを学んだからと言って、起業することが全てとは思いません。企業に就職したり、教師や政治家、実家を継ぐなど様々な選択肢の中で個人の可能性を見出して欲しいと思います。

ただ、どの分野の人財になったとしても、既存のルールや習慣に流されず、常にどうあるべきかを考え、それを自分ごととして動くイノベーター人財として活躍して欲しいですし、チャレンジすることを楽しみながら人生を生き抜いて欲しいと願っております。

「安定的に継続して沖縄のこどもたちに最高の教育プログラムを届け続けたい」

そのために、多くの方から継続的にご支援をいただきたく、公益財団法人みらいファンド沖縄と、株式会社うむさんラボとの連携で「Ryukyufrogs 基金」を創設させていただきました。

私たちと想いをともにし、長期的な活動支援をしていただける方は、Ryukyufrogs Buddyとしていっしょに未来を創っていきませんか?

Ever since creating Ryukyufrogs in 2007, we have valued the system of offering our program free to any student as long as they reside in Okinawa, based on the policy of providing opportunities without discrimination.

We have continued to run the program mainly upon the funds from private companies and support from over 200 individuals through cloud funding. I genuinely appreciate your continued support.

Ryukyufrogs is not a program for bringing up entrepreneurs. It is a program with a purpose to bring up and send out hybrid innovator human resources having elements of both liberal arts and science with an entrepreneurial mind.

To realize this, we have carried out a PBL (Project Based Learning) in an "education style focused on raising awareness instead of teaching."We concentrate on making it a habit to always think and act on “what needs to be done” when faced by an obstacle instead of ceasing to think upon denying reasons.For example, if we come across a choice that may fail, we will respect the decision of the student and let him or her carry it out. Then, we will have the student learn from the failure and make a new challenge.This may seem to be a human resource training that takes a long way round. However, failures and learning can only be obtained from individuals making choices and taking challenges. This indeed enables individuals to live through their lives over a long term instead of seeking for temporary and short-term answers.

On the other hand, we are still lacking annual operating funds by millions of yen.Although we have utilized material support and goodwill of involved persons and made every effort to reduce expenses for annual training operation, advertisement to gather people and activity notices, events we hold, and wages of operation personnel, it may be difficult to continue the program if the present deficit continues any longer.

Just because entrepreneurship is studied, we do not believe starting a business is everything. We want you to find out your potential from among various choices including employment by a company, being a teacher or politician, or taking over your parent’s business.Whatever field you work in the future, we want you to keep on pursuing what you should be like instead of being swept away by existing rules and customs, and to play an active role as an innovator taking on what you think you should do as your own issue, and we hope you live your life enjoying taking on challenges.

"We wish to steadily keep on delivering the best education program to the children of Okinawa"

In order to realize this, we have established the "Ryukyufrogs Fund" in collaboration with Mirai Fund Okinawa and Umusun Lab. Inc. so that many persons can continue their support.

If you can sympathize with our thoughts and support our long-term activities, why not create the future together as a Ryukyufrogs Buddy?

税控除について

Tax Deduction

ご寄付は、うむさん基金を実施する公益財団法人みらいファンド内に口座を設置するため、税制優遇の対象となります。

個人の方

確定申告を行うことで、寄付金額の最大半額が還付されます。

公益社団法人・公益財団法人・認定NPO法人といった、地域で活動する公益活動団体を後押しするために個人の方の寄付税制が平成23年6月、大きく変わりました。
所得税と住民税の控除を合計すると、寄付金額の約半分が税金の額から差し引かれることになります。

※なお、寄付金控除を受けるためには確定申告が必要です。詳しくは、お近くの税務署にお問い合わせください。

  • 所得税について
  • 住民税について

相続税

寄付した遺産には相続税がかかりません

相続または遺産により取得した財産の一部または全部を、公益社団法人・公益財団法人・認定NPO法人に寄付した場合、一定の要件を満たせば、寄付した財産には相続税が課税されません。詳しくは、税務署へお問い合わせください。また、税理士へのご相談もおすすめします。

※相続税の申告期限までの寄付が対象となります。

寄付の流れ

Flow of Donation

寄付ページへ移動

Go to donation page

寄付の方法を選択

(毎月寄付・金額指定)

Choose method of donation
(Monthly donation and amount)

お支払い方法を選択

(クレジットカード・口座振替)

Choose payment method
(Credit card or bank account transfer)

寄付完了

Donation completed

  • ※うむさん基金を通じたRyukyufrogsへの寄付は税制優遇の対象となります。
  • ※寄付は、金額指定または月々1,000円から始められます。
  • ※クレジットカードはVISA・MasterCardがご利用いただけます。
  • ※ご寄付いただいた金額の20%は、うむさん基金運営に活用されます。
  • * Donations to Ryukyufrogs are subject to tax benefits.
  • * Donations can be made from 1,000 yen per month.
  • * When using credit cards, VISA and MasterCard can be used.
  • * 20% of your donation will be utilized for managing the UmuSun Fund.

【毎月定額を】クレジットで寄付する

【金額を指定して】クレジットで寄付する

【銀行振込】で寄付する

【毎月定額】or【金額を指定】を次の画面で
撰択してください。

寄付する

※Ryukyufrogs基金の口座が設置されている(公財)みらいファンド沖縄の寄付フォームへ移動します

Ryukyufrogs Buddies 一覧

Ryukyufrogs Buddies
  • 浅倉 彩
  • 東濱 克紀
  • 飯塚 悟
  • 伊芸 善光
  • 伊是名 亮摩
  • 上地 正明
  • 上原 英且
  • 上原 美鈴
  • 大城 文絵
  • 大坪 修二
  • 大坪 憲子
  • 大田 澄
  • 岡森 久倫
  • 岡本 紘幸
  • 奥平 聖人
  • 小渡 悟
  • 柏谷 泰行
  • 兼島 光平
  • 金子 英司
  • 兼村 光
  • 國松 芳美
  • 桑鶴 真人
  • 新城 弘綺
  • 鈴木 康元
  • 平良 勝志
  • 平良 秀明
  • 平良 均
  • 田場 誠
  • たもり ひでやす
  • 知花 節子
  • 知花 孝浩
  • 照屋 文秀
  • 仲座 清也
  • 仲里 和之
  • 西川 幹丸
  • 西田 睦
  • 早川 幸子
  • 古屋 勇多
  • 外間 崇
  • 前田 俊博
  • 又吉 章仁
  • 松堂 美和子
  • 宮國 龍馬 イージェー
  • 宮里 論明
  • 森 博之
  • 安田 桐枝
  • 安田 直
  • 山城 斉一
  • 吉居 広子
  • 吉岡 駿
  • 霊山 啓之
  • 一般財団法人
    中国教育文化協会
  • 中嶋 淳
  • 大城 佳明
  • 玉城 陽平
  • 伊藤 牧人
  • フクシマチカ
  • 田村 圭史
  • 三尾 徹
  • 山口 順平
  • 田場 幹英
  • 藤田 香織
  • 上原 明寿
  • 太田 浩一
  • 桂 利治
  • 松尾 幸士
  • 下門 祐二
  • 與那城 有
  • 古川 央士
  • 中西 光雄
  • 山本 哲也
  • 村上 賀奈子
  • 西平 哲
  • キノシタマナブ
  • 福地 一仁

クラウドファンディングでご支援くださった皆様(順不同)

  • 矢崎 裕一
  • 照屋 翔士
  • 池村 光次
  • 岡本 紘幸
  • 玉城 研太朗
  • 古屋 勇多
  • 桃原 隼一
  • 増村 匡人
  • 小池 俊介
  • 福地 一仁
  • 澤 円
  • 松島 進
  • YUJI ARAKAKI
  • 株式会社 54
  • 鬼澤 慎人
  • くま
  • CAP 出村
  • 一戸 英理子
  • 田場 秀樹
  • 小林 竜也
  • 野村 紘史
  • 大城 佳明
  • 柏谷 泰行
  • 下門 祐二
  • 知念 司
  • とくだ やすし
  • 南 博剛
  • 津川 了
  • 仲里 和之
  • 多和田 真淳
  • 山城 ひかり
  • 晒谷 健史
  • 喜屋武 由野
  • HIKARU KANEMURA
  • 山城 晶
  • 高良 研一
  • 高江洲 厚
  • 宮里 大八
  • 加持
  • Saiji Nema
  • 三尾 徹
  • 永井 義人
  • 山口 順平
  • 尾風 邦夫
  • 知花 孝浩
  • 樫 健太郎
  • 森 弘達
  • 横澤 一美
  • 浅子 祥宏
  • 仁禮 彩香
  • 垣花 友野
  • たもり ひでやす
  • fumi_042
  • チャック山下
  • 山口 賢太
  • Akane Tsuha
  • 大森 洋介
  • 岡本 百合香
  • 加藤 彰浩
  • 許田 浩作
  • 豊里 健一郎
  • masanory3
  • kubay
  • Takuho Yoshida
  • Moeko Tanaka
  • natsuki904
  • forhere
  • リアルまもる君
  • Kodai Kinjo
  • Yasu_Miyagi
  • Onoaki
  • papahakase271
  • TAKASHI AGUNI
  • 砂川 恵太
  • osr_tsuyoshi
  • 新垣ステファニー美香
  • AbeKou0615
  • 照屋 圭介
  • TAKAMITSU_OKABE
  • kaoru521
  • 安座間 勇二 (@yuji_azama)
  • 瑞希
  • WHITEBIRD
  • 田端 将伸
  • zukeyamago
  • 安里 高祐
  • 沖縄IT
    イノベーション戦略センター
    金城 光太
  • 夢を叶えるシェアハウス
    『ヒュッゲ』代表
    古田健太
  • 琉球テック
    宮古島パソコン教室
    大塚
  • Tetsuro Kubota
  • こどもの軽音楽部
  • 玉城 義仁

今すぐ寄付する Donate now