こんにちは!畑中ひらりです(^^)

毎日ハードスケジュールで動いています。健康第一で頑張ってますよ!
少し遅くなりましたが・・・・
シリコンバレー研修2日目&3日目の様子をお伝えします!

 

2日目:WiLでデザイン思考ワークショップ&琴さんのお話

WiL琴章憲さんにお会いしました!

Ryukyufrogsスペシャルサポーターでもある琴章憲さん。
毎年Ryukyufrogsを受け入れてくださっています。

DSC00567

今日は朝から晩までWiLで研修。午後からはデザイン思考のワークショップを体験します。

 

 

Rob Theisさん講演

DSC00625

WiLのGeneral PartnerであるRob Theisさん。
今日は特別に講演をしてくださいました!すごい!

Robさんの生き方や、成功する組織の作り方、充実した個人の生活の送り方などお話ししていただきました。

DSC00622

最後の質問タイム。frogsとは違うグループの方が質問をする中・・・

最後に質問をしたのはかりん!英語での質問に挑戦しました!
英語しか通じない相手&たくさんの人がいる講演会で質問をするのはとても勇気がいることです。
皆さんも経験はありませんか?講演会で質問タイムの時に誰も手を上げず俯いてしまう時とか・・・
日本人あるあるですよね。私も質問したいけどモジモジしてしまったことが何度もあります。

その中でかりんは勇気を出して質問をしました。
あとでかりんに聞いてみると、「とても緊張した!でも聞けてよかった!」と話していました。
ナイストライ(^^)b

デザイン思考ワークショップ

DSC00711

今年もWiLでデザイン思考ワークショップを受けさせていただきました!
午前中から時間を延長して19:00までがっつりワークショップ。

講師は鹿島建設の江上さん。初めはデザイン思考について江上さんからお話がありました。

「デザイン思考とはユーザーの問題解決のための思考法。」

ユーザーインタビューを通して、ユーザーと寄り添い、ユーザーも気づいていない潜在ニーズを探ります。

3つのグループに分かれたfrogs生。Hitachifrogsとの混合チームとなっています。
今回のワークショップのテーマは「WiLの跡地に、新しい飲食店を立ち上げる」
新しい飲食店どういった感じになるのでしょうか・・・?

デザイン思考で大事なのは共感。
インタビューを通してその人を観察することで、その人も気づいていない課題やその人が抱えている問題に気づくことができます。

街の人がどのような飲食店を望んでいるのかインタビューをしてきます。
街に出て、カフェを周り、そこにいる人にインタビュー。もちろん全て英語。
知らない外国人に話しかけるのはとても勇気がいりますよね。
勇気を振り絞って話しかけます。頑張れ!frogs生!

DSC00643 DSC00648

DSC00674DSC00659

DSC00662

インタビューから帰ってきたあとはチームでインタビューの内容を分析します。
インタビューをして感じたことや考えたこと、ペインなどを付箋に書いて貼っていきます。

さて、どんなインサイト(そのユーザーも気づいていない課題)が見つかるでしょうか?

DSC00725

最後は発表。
今日のワークショップで考えたことを発表します。

みれい、まひる、まなきのチームは赤ちゃん連れの人にインタビューをした時に、赤ちゃんが泣いてしまって大変そうだった姿を見て、子連れママ&パパでも気軽に来れるようなカフェを提案しました。
カフェの真ん中は子どものプレイルームになっていて、そこでは赤ちゃんの洋服が売買(フリマみたいな)できるようにしてコミュニティを作っていくという内容でした。

子連れに優しいカフェ。小さいお子さんをお持ちの方は一度行ってみたい!と思うのではないでしょうか。
このチームの発表は琴さんにも高評価をいただいていました。

DSC00757

デザイン思考ワークショップの後は、琴さんと江上さんにfrogs生が考えているサービスをプレゼンし、フィードバックをいただきました。

うつ病防止のサービスを考えているまひるとあいり。
投資家に出資を得ようと5分間のプレゼンするとき、皆さんはどうやってプレゼンするでしょうか?
琴さんのフィードバックでプレゼンは引き込みが大事、それができていなかったと言われていました。
その課題にどれだけ聞いている人を引き込ませるか。共感させるか。
プレゼンするというチャンスを掴み取るためにはどうするのか、考えさせられる内容でした。

 

かりんときょうへいに関してはそもそもサービスがそれで成り立つのか、琴さんに深く質問をされるうちに答えられないところが出てきてしまったり、違う視点でアドバイスをいただいていました。

 

今日はサービスが発表できなかったみれい。
みれいはサービスがゼロベースになりました。課題を変更し、本当に自分は何がやりたいのか、自分と向き合って考えています。

 

 

3日目:サンフランシスコへ

DSC00826

3日目はサンフランシスコで研修。

最近はサンフランシスコに本社を構えるスタートアップの会社が多いそうです。

例えば、UberやLyft、Airbnbなどなど・・・・

今回はTwitterとFitbitに伺いました~!

 

TwitterHQへ~

DSC00862

Ryukyufrogsのスペシャルサポーターでもある竹田紗希孝さんとお会いしました。

まずはじめはTwitter Officeツアー!

今年はメインのカフェテリアが工事中でしたが、新しくリノベーションして作ったカフェテリアにお邪魔することができました。

DSC00869

カフェみたいなスペース。とても会社の中だとは思えません。

従業員の方が働きやすいように工夫されており、私もこんなオフィスで勤めたい!と思いました。

 

Twitter Inc. マネジャー竹田さんのお話

DSC00889

高校生の時にアメリカに留学して、将来はアメリカに行こう!と決意したという竹田さん。
将来海外に行きたい、と思っているfrogs生は多く、たくさんの質問をしていました。

2人のお子さんを持つお母さんでもある竹田さん。

かりんの「親子関係をよくする」サービスには色々なアドバイスを下さいました。

また、まひる&あいりチームの「うつ病防止」サービスにはTwitterでの取り組みについて教えてくださいました。
Twitterには悪いツイート(暴力的な内容など)を消す部署があり、そのチームの方はたくさんそのようなマイナスツイートを目にするため、心を壊してしまう人がたくさんいるそうです。
なので、その部署の人は一日4時間だけその仕事をして、あとはメンタルケアのプログラムを受けることが仕事になっている、ということでした。
サービスのヒントになればいいですね!

DSC00898

竹田さん、ありがとうございました!

 

Fitbit本社に初潜入!

今年は初めてfitbitの本社にお邪魔し、熊谷芳太郎さんにお会いしました!

手首につけて、心拍数や睡眠時間などが測れるfitbit。

最近では東急ハンズとか電気屋さんとかでよく見かけますね。

私が通っているホットヨガ教室でもつけている人をちらほら見かけます。

DSC00926
今日はランチもfitbitでいただきました。
わざわざ私たちのために熊谷さんがランチを用意してくださいました!
本当にありがとうございます!

ランチ&色々な種類の飲み物&色々な種類のお菓子をいただいたfrogs生。
こんな会社で働けるなんで本当に幸せですね!

DSC00943

ランチのあとは熊谷さんの話。

5つの会社を成功させ、今6社目という熊谷さん。
アメリカに行ったきっかけは、大学を卒業して、$1,000を持ってアメリカに遊びに行ったら、お金が足りなくて帰れなくなり、そこから働いてお金を貯めて、アメリカの大学に編入し、そのままずっとアメリカ…というなんともぶっ飛んだ人生。
さらっと笑顔で話されるのですが、よくよく考えるとかなりぶっ飛んでいますww

企業でする成功の秘訣・・・そんなのない!でも、「運」と「タイミング」が大事とおっしゃっていました。

好奇心旺盛という熊谷さん。
色々な情報をみて面白そうと思ったことをひたすらやり続けているそうです。
「今、1人でサービスを考えているが、」

「学生時代にやっておけばいいことは何か。」という質問に対しては

色々な分野、色々な人種、色々なバックグラウンドを持った人にできるだけたくさん会うこととおっしゃっていました。
熊谷さんのお話を聞いて、「好奇心」と「行動力」が大切だと感じました。

DSC00957

お土産にfitbitを全員にいただきました!

熊谷さん、ありがとうございました!

 

1日の振り返り

このシリコンバレー研修では1日の最後に振り返りを行います。

3日目の夜の振り返りで、「明日の研修に参加するか、しないか」という話をしました。
厳しいことを言いますが、所々に甘さが見えこの話をするに至りました。
発表できるサービスがないにも関わらず、サンフランシスコまでの電車での1時間30分何もしないで寝てしまったり、メンタリングにも全然来なかったり・・・・
もちろん疲れもあるだろうし、時差ボケもあるでしょう。
社会を大きく変えるような人(リーダー)はどんな振る舞いをするか?もう一度考えてほしい。
たくさんの協賛企業・協力団体・個人寄付者の皆様の大事なお金をいただいてfrogs生がこうしてシリコンバレーにきて、研修ができています。
また、選考会でRyukyufrogs11期生選ばれず悔し涙を流した人がたくさんいます。
その人たちの想いを背負ってここに立っていることを常に軸においておくこと。
そうすれば自ずと行動が変化していくのではないでしょうか。

 

次回もお楽しみに!

 

☆☆Ryukyufrogs公式Twitter、Instargamではリアルタイムで様子を公開しています。☆☆
☆☆ぜひフォローをお願いします!☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

あなたもRyukyufrogs Buddiesの一員になって、このプログラムを応援しませんか?
RyukyufrogsではRyukyufrogs Buddiesという寄付制度があります。
この人財育成にご共感していただける方、沖縄の人財を盛り上げていきたい方などなど、月々1,000円からご寄付いただけます。
寄付していただくと、毎月Newsletterが届いたり、寄付の一部が還付されたりする特典を得ることができます。
詳細はこちらです。
ぜひご検討よろしくお願いします!
また、協賛企業も募集しております。
沖縄の人財育成にご興味がある企業の方はkerokero@ryukyu-frogs.comまでお問い合わせください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆