INFORMATION

INFORMATION

活動ブログ・お知らせ
2018 07.1 研修活動

Ryukyufrogs10期スタート!Kick off研修

こんにちは、嘉数です。

ついにRyukyufrogs10期の研修が始まりました。台風の影響からリモートでの研修も考えたのですが、状況を見ながら無事開催しました。しかし、石垣の拓だけはフライトが欠航になってしまったのでリモートでの参加。リアルな場でみんなと一緒に研修に参加することはできませんでしたが、リモートでもしっかり拓の個性は出ていました。(笑)

IMG_0834

自分史を語る

まずはこれから半年、一緒に苦楽を乗り越える仲間に自分を知ってもらうために今までの人生であった最高な時期と最低な時期を棒線グラフとして表す自分史を語ってもらいました。まだ若いfrogs10期生たちですが、みんなの棒グラフは波のように上下してました。その波の理由は人それぞれ。辛いことも楽しいことも色々あったようですがfrogsに受かって嬉しい、これから右肩上がりにしていきたいと言う気持ちは皆んな同じのようです。初回の研修なのでまだお互いのことを理解していなかったのですが今回、自分史を話してもらったことによってお互いを深く知ることができて信頼関係も築きやすくなったのかなと思います。

IMG_0808
IMG_0809

コアプリンシパル、自分のキャリアを考える

Ryukyufrogsの行動規範でもあるコアプリンシパル。このコアプリンシパルってRyukyufrogs内だけじゃなく社会に出てからも意識するべきことだらけです。5つの行動規範が載ってるのですが、その中でも10期生達が今一番できていないという人が多かったのが4番目の「Fail Fast. Fail Cheap. Fail Smart.」 失敗を小さく・早く・沢山してそこから学びを得るということです。完璧主義のため失敗しそうなことは遠ざけたり、未完成のまま人に見せるのが嫌だと言ってました。ですが、今日のKick off研修で失敗を恐れずにまずはやってみる!ということを宣言してくれたのでその考えを忘れずこれからの半年間、そして人生においても挑戦し続けてほしいです。

コアプリンシパルを確認した後、これからのキャリアを考えてもらいました。1年後、3年後、10年後の自分はどうなっていたいのか、その描いたキャリアを実現させるためにはどういう行動をしなければいけないのか。その中でも結構上がってきたのが自分の今後のキャリアのためにもプログラミングを学びたいという声でした。私もRyukyufrogsに入ってからプログラミングを学び始めた一人です。今の時代、ゲーム感覚で無料でプログラミング学習ができるので、そういうのを駆使しながら学んでみてほしいです。

IMG_0824

ジョンさんによるサバイバル英語

お昼休憩などを挟んだ後、Ryukyufrogsの英語のサポートや他にも色々とお世話になっているジョンさんに今年もサバイバル英語研修をしてもらいました。まずは自分の似顔絵を描いてもらい、それを見せながら英語で自己紹介してもらいました。すると数名の10期生が「I can’t speak English well」という発言が・・・。シリコンバレーではできないという発言をしてしまうと見向きもされません。「え?じゃあ、何しにきたの?」という雰囲気になります。できないというマイナス発言をするのではなく、自分は英語でこれが伝えたいんだ!だから聞いてくれ!という勢いで発言してみる。間違ってもいいんです、やってみることが大事!これも先ほど出てきた「Fail Fast. Fail Cheap. Fail Smart.」 ですね。とりあえず挑戦して失敗を積み重ねることが大事です!!それに10期は留学経験者が多いので全体的に今までの期よりも英語のレベルが高いと思います。みんな最初の英語研修なので緊張してたのかな? 研修の後半には英語での会話が普通に成り立っていました。しかし、シリコンバレーではただ会話をするだけじゃなく自分のサービスを英語でプレゼンできるようにしなければなりません。一人一人がどうやったらそれができるようになるのか、どう行動するのかが今後の肝ですね。

IMG_0845

今回のKick off研修でRyukyufrogs生としての自覚が再認識できた6名、次の研修ではミラツクの西村勇哉さんを講師に迎え社会課題や未来についての講義になります。お楽しみに!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加